メニュー

内分泌内科

内分泌内科とは

内分泌疾患とは、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎などのホルモンを分泌している臓器になんらかの障害が生じることで身体の中のホルモンバランスが崩れる疾患です。それらの疾患を専門に診療する科が「内分泌内科」と呼ばれています。

あまり聞きなれない診療科かもしれませんが、近年内分泌代謝疾患はメジャー疾患に変わりつつあります。たとえば本国における慢性疾患の代表である「高血圧症」ですが、原因がわからない高血圧(医学的には本態性高血圧と言います)の3-10%程度は腎臓の上にある「副腎」という臓器のホルモンバランスが崩れる病気(原発性アルドステロン症)が原因ではないかと考えられています。また、糖尿病と診断された方の1-3%程度は、同じく副腎に関与するホルモンバランスが崩れた病気であるクッシング症候群が隠れていると言われています。

このような内分泌疾患は患者様が自己申告してくれる病気ではなく、医師が「気づく」ことによって初めて診断ができる病気です。また、内分泌疾患は、多彩な症状を認めることが多く、心臓の病気やうつ病、更年期障害などと間違われてしまうことも少なくありません。内分泌系疾患でないか1度は専門の検査をお受けすることをお勧めいたします。

主な内分泌疾患は以下のようになります。

甲状腺疾患

甲状腺はいわゆる「のどぼとけ」のすぐ下にある臓器で、羽根を広げた蝶々のような形をしています。全身の代謝や特に身体の成長に大きく関与しています。

主な甲状腺の病気
  • 甲状腺機能亢進症:バセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎など
  • 甲状腺機能低下症:橋本病(慢性甲状腺炎)など
  • 甲状腺腫瘤:甲状腺のう胞(良性)、甲状腺がん(悪性)など

※こんな症状の方は受診をお勧めします

  • 首の前の部分が腫れている
  • 動悸がする
  • 手が震える
  • 暑がりや寒がりになった
  • 食べても痩せる
  • 元気がない、やる気が起きない
  • 顔や足がむくんでいる
  • コレステロールが低い
  • 下痢、便秘
  • 眼が出てくる
  • 汗をかくようになった

副甲状腺疾患

甲状腺に張り付くような形で4個存在するのが「副甲状腺」です。
主にカルシウムの代謝に関わります。

主な副甲状腺の病気
  • 副甲状腺機能亢進症:高カルシウムになります
  • 副甲状腺機能低下症:低カルシウムになります

※こんな症状の方は受診をお勧めします

  • 骨粗しょう症
  • 骨が痛い
  • 尿路結石になったことがある
  • 血液検査でカルシウムの異常を指摘された

下垂体疾患

脳の中にある下垂体というホルモンを産生する器官の異常で発生する病気です。
下垂体は様々なホルモンと関連しており、症状や引き起こす病気も多彩です。

主な下垂体の病気
  • 下垂体機能低下症
  • クッシング病
  • 先端巨大症
  • プロラクチノーマ
  • 尿崩症

副腎疾患

左右の腎臓の上にそれぞれ1個ずつくっついている臓器が副腎です。
その副腎のホルモン分泌の異常で起こるのが副腎疾患です。

主な副腎の病気
  • 原発性アルドステロン症:高血圧となります
  • クッシング症候群:体重増加、高血糖などを認めます
  • 褐色細胞腫:頭痛、高血圧、発汗過多、動悸などを認めます

※当院では高血圧や糖尿病などの病態があったときは、原因が上記のような内分泌疾患でないかを念頭に置きながら、診察を行っていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME