メニュー

痛風・高尿酸血症

高尿酸血症

高尿酸血症とは

健康診断などで採血を行い、尿酸の値が7.0mg/dlを超えると「高尿酸血症」と診断されます。尿酸値が高いだけでは基本的には症状は出ないことが多いですが、この状態が長く続くと、痛風や尿路結石といった激痛を伴う病気になりやすくなり、重症化すると腎臓に障害を起こすこともあります。そのため、早期発見・早期治療が非常に重要です。健診などで高尿酸血症を指摘された方は、一度当院へご相談ください。

痛風

いわゆる「痛風」とは体に尿酸が溜まり、溶けていた尿酸が結晶になって関節の中で激しい関節炎を引き起こす状態のことを指します。尿酸が高い状態がある程度の期間続くと、ある日突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。痛みの程度は激痛であることが多く、「痛風」という病名も「風に吹かれただけで痛い」という意味からできたものです。

尿路結石

尿酸が腎臓に溜まって、結石ができると背中に痛みが生じ、尿管や膀胱に移行すると、その部分で炎症を起こし、激痛を生じます。

治療

高尿酸血症では、尿酸値を下げることが大切です。

最も重要なのは生活習慣を改善することです。食事に関しては、食べ過ぎないようにし、体重を落とすことや、またプリン体を多く含む食品(以下)は控え、バランスの良い食事をとることが望ましいです。またお酒、特にビールにプリン体が多いことは有名ですので、禁酒あるいは節酒しましょう。尿酸は尿から排泄されるため、水分を多くとることで排泄が促されます。適度な運動も重要ですが、筋トレなどの激しい運動は逆効果となります。このような生活習慣の改善を行っても、尿酸値が改善しない場合などは尿酸が体内で生成されるのを抑える薬や尿酸の排泄を促す薬などが処方されます。

プリン体が多い食品

レバー、いくら、たらこ、牛ヒレ肉、豚肉、カツオ、エビ、イワシ、干物、アジ干物、ビールなどのアルコール類など

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME